これまでは、徒歩やバスで買い物に行ってましたが、ついに車を購入しました。
職場の同僚が新車を買ったので、前の車を安く譲ってもらえることができました。
97年式のフォードで、10万マイル以上走ってますがメンテナンスをしっかりしているので、
よさげです。

アメリカでの車購入のは結構ややこしかったですが、同僚が一緒に来てくれたので、
スムーズにできました。

まず、車を買う前に保険に入る必要があります。
保険は車両保険なしで半年で$210とまぁ日本とそんなに変わらないかなという感じです。
(アメリカでの運転歴がない外国人は保険料がかなり高くなるのですが、JALファミリークラブ
にはいっていたおかげで、AIGISという会社のサービスが利用でき、日本での
運転歴を考慮した保険料で加入することができます。JALファミリークラブの会費を払っても
おつりがくるくらい安くなりました。)

保険証券と車のTITLEという書類(車の権利書)を持って、市役所へ行きました。
TITLEの更新をその場でしてもらうことができ、登録料($160ほど)を支払うと、
その場でナンバープレートをもらうことができます。

ここまではスムーズだったのですが、車の受け渡しでハプニングが・・・・

夕方同僚の家に行って、ナンバープレートを交換し、車の説明をしてもらってたところ、
エンジンをかけたまま、ドアを閉めてしまい、キー閉じ込みになってしまいました。
キーレスエントリーの関係で、自動でロックされてしまったみたいで、どうしようもありません・・・

同僚がAAA(日本のJAFのようなもの)のメンバーだったので、電話をしてくれて、
待つこと20分、エアポンプと長い棒で鍵を開けてくれました。

早速チャイルドシートを装着し、スーパーへ買い物に。
いつもは30分ほどかけて歩いてた道が、今日はなんと6分。
ママも大感激で、荷物を気にせずに買い物することができました。

明日は待望のWalmartへ行く予定です。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-16 12:43 | 生活
コロラド州フォートコリンズでの生活をスタートさせて2週間。
ようやくインターネットにつなぐことができました。

これからのフォートコリンズでの生活のことを書きたいと思います。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-15 10:11 | 生活
今日は夫の親切な職場の方に”Babiesrus”へ連れて行っていただきました。

日本からトランクケースにオムツを詰めめられるだけ持参してきたものの
そろそろ底をつきそうになったためオムツを購入。
とりあえず有名な”Pmpers”にし体重相当のサイズにしました。
お値段も日本よりは割高な印象。
その後アメリカのオムツデビューしましたが
日本のオムツよりも薄く小さい!!
ただテープ部分のゴムがすごく伸びるので一応ははけましたが
夜中のオムツには適しません。
これからは1サイズ大きいものを選び
いろんなオムツを試してみよう!!

あとはチャイルドシートを購入。
現在のアメリカで流行っているのは
チャイルドシートにベビーを寝かせたまま持ち運びができるもの。
だけどこれは個人差もあるけれど3ヶ月程しか使用できない。
日本ではわりと新生児から3歳や5歳まで使用できるチャイルドシートが人気だけど
こちらでは長く使用できるというよりはその時期の使い勝手が良い方を選んでいる様子。
私たちはもちろん長く使用できるものを選び購入しました。
お値段もピンきりだけどSALE100ドルほどで購入できました。
あまり人気がない方を選らんだということもあるかもしれないけど...。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-12 20:00 | 育児
こちらに来てしばらくはDocomoの携帯を使っていましたが、
アメリカの携帯電話を買うことにしました。

いろんな種類の携帯があるのですが、私はAT&Tのプリペイド携帯を購入。
NOKIAの小さい機種で19ドルでした。

プリペイド携帯を購入すると音声案内にしたがって設定する必要があります。
日本でもプッシュホンで番号を押して、というのはありますが、
こちらでは自分でYesとかRightとか言って、設定していきます。
結局10分くらいいろいろと答えていき、その場で電話番号が決まりました。

アメリカでは携帯電話も固定電話も同じ番号(市外局番+・・・)みたいです。

料金は発信も着信も一分25セント。
いろいろと一日1ドルでAT&T同士はかけ放題プランなどもありましたが、
アパートに固定電話もあり、あまり携帯は使用しないのでこのプランにしました。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-11 11:58 | 生活
今日はホテルを出てタクシーでアパートへ向かいました。

最低限のものを買ったとはいえ、まだまだアパートは快適に生活できるには程遠い状況です。
とりあえず衣食住ができるけど、いろいろと足りないものがあります。

大きなものは車を買わないと運べないのでそれまでは我慢ですね。

夕方に歩いて30分ほどのところにあるKing Sooperに行きました。

今日はママの誕生日。

大したお祝いはできないけど、冷凍ピザを買って、オーブンで焼いてお祝いしました。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-05 10:56 | 生活
今日は雪が降っていて寒かったですが、がんばってバスに乗り
買い物に行きました。バスで10分ほどのKingsooperです。

明日からはホテルを出てアパートで生活するので、食料品を買いました。
バスで帰らないといけないので、割安な大きな箱のものを買うわけにも行かず、
小さなサイズでいろいろとそろえました。

バスは20分に一本です。

帰り道バス停に向かって歩いていると、バスが通り過ぎました・・・
雪はやんでましたが強い北風の中、20分も待つ羽目に。
プリンセスも寒そうにしていたので、風の当たらないビルの横で待っていました。

すると、そのビルの前で雪かきをしていたおじさんが親切に声をかけてくれました。
どうしたの??と聞かれたのでバスを待ってるというと、寒いから気をつけてね、
と。
その後5分ほどバスを待っていると、先ほどのおじさんが来るまでやってきて、
送ってあげるから、と親切に言ってくれました。

おじさんはその前の接骨院の人で、あやしい感じでもなかったので、
好意に甘えてホテルまで送ってもらいました。

寒い日だったのでほんとに嬉しかったです。
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-04 11:26 | 生活
今日は教授にTARGETというスーパーに買い物に連れて行ってもらいました。

プリンセスのフトン(というかカバー??)やベットカバー、フリースの毛布、
やかん等、当面の生活で必要なものをそろえました。
[PR]
# by FORTCOLLINS | 2009-04-03 11:42 | 生活
パパはコロラド州立大学のある研究室で働くことになりました。

今日はそこに初めて行きました。

メンバーは教授、助手、研究員2人(インド人とエジプト人)、大学院生1人、
実験補助員2人というわりとこじんまりしています。
早速、教授に案内され研究室を見学。
設備等は日本で働いていた研究所の方が良さそうです。

ただスペースが広いので、自分のデスクと実験台は日本の倍くらいもらえました。

その後は、大学の国際課へ行って手続き。
日本語を話せるスタッフの人がいてビックリ。
アメリカでの生活について、特に病院や保険等について聞きました。

さらに、RAMカードとうメンバーカードを作りました。
コロラド州立大のシンボルは羊で、RAMというのが愛称のようです。

いろいろと手続きをした後、アパートの鍵を受け取りに。
大学のアパート(Aggie Villege)は、徒歩15分ほどのところにあり、通勤には便利です。

2LDKのアパートはセントラルヒーティングで快適。
ただカーペットとかがないので、ごろごろするわけにも行かず、
一通り見た後、ホテルに戻りました。
いろいろと買い揃えないといけませんね。

ちなみにこのアパートは電気、ガス、水道、電話、インタネットが込みなので
格安です。
わざわざ開線する手間も省けてよかったです。

ただインターネットはトラブルがあってつながるまでには時間がかかりました。
[PR]
# by FORTCOLLINS | 2009-04-02 11:41 | 仕事
パパのお仕事の関係で、4月からアメリカのコロラド州フォートコリンズに
滞在することになりました。

今日はいよいよ出発です。

おじいちゃまファミリーに見送られ、パパ、ママ、プリンセスは
サンフランシスコ行きのユナイテッドに乗りました。

プリンセス初めての飛行機、さらに9時間半のフライトでどうなることやら・・・

飛行機には赤ちゃん連れの家族ももう一組。
隣のアメリカ人のおじいさんは、赤ちゃんがいることに迷惑そう・・・

普段は8時か9時には寝るのですが、機内ではいろんな音に反応して、
ちょっと寝てはすぐ起きて泣き、抱っこ、おっぱい、おもちゃ等で落ちつかせる、
を繰り返しました。
5時半に出発して、寝れないまま12時前。
周りも静かになっているので仕方なくプリンセスを抱いてトイレの前で過ごしました。

その後1時間半ほどバシネットで寝た後、ママに抱っこされてすっかりご機嫌になりました。

アメリカ、サンフランシスコに到着。
ついにアメリカ生活が始まります。
指紋と写真を撮られ、いざ入国。
私たちはこのままデンバーに乗り継ぐので、そのまま国内線のほうへ向かおうとすると
警備員に止められ、荷物をピックアップするように、と。

面倒なことに、一度スーツケースを受け取って、もう一度荷物をチェックインするようです。
ただでさえベビーカーもあるのに、さらに大型のスーツケース2個と、キャリーケース
を押して、国内線へ乗り継ぎました。

デンバーまでは二時間のフライト。
眼下にはアメリカの壮大な大地が広がり、これからの生活にワクワク胸が躍ります。
すっかりお疲れで機嫌の悪いプリンセス。
この二時間はとてつもなく長く感じました。

サンフランシスコの快晴とは打って変わり、デンバーは雪の舞う寒空です。

予約していたリムジンに乗り、およそ一時間、フォートコリンズへ。
リムジンのドライバーは訛りがきつかったですが、いろいろと話が弾みました。
久しぶりの英会話ですが鈍ってなくてよかったです。

自宅を出発して20時間以上、ついに当面の生活の拠点となるホテル(モーテル)に到着です。

本当なら朝までぐっすり、といきたいのですが、すっかりお疲れのプリンセス。
眠たいのに寝られず泣き喚きます。
さらに外の車の音や話し声に反応してなかなか寝られず、かわいそうです。
パパとママは交代で少しづつ寝ましたが、プリンセスの生活のリズムがつくまで大変ですね・・
[PR]
# by fortcollins | 2009-04-01 10:37 | 生活