カテゴリ:豆知識( 14 )

車を購入してもらいました。
結構古い車ですが、大切に乗っていて愛着があったので、車が必要な友人に買ってもらえて嬉しいです。

中古車の売買(価格の設定)で良く使われているのは、Kelley Blue Book という本で、車の型式やマイレージなどを入力すると、オンラインで標準的な価格を調べることができます。

受け渡しを帰国日直前まで待ってもらえるのですごく助かりました。
[PR]
by fortcollins | 2010-09-05 22:45 | 豆知識
先月プリンセスの怪我で受診したERから請求書が届きました。
金額は約400ドル。
思っていたよりも安くて良かったですが、やはりアメリカの医療費は高いです。

ちなみにその後受診したClinicは一回63ドルでした。

私たちの保険(日本保険会社の海外駐在保険)では100%保険会社が補償するので、実質的な負担ないですが、手続きは少し面倒です。
一度病院に支払い、診断書と請求書を保険会社に郵送して、保険会社から事実確認の電話があった後、小切手が送られてきます。

(請求はこれだけではありませんでした・・・ ERの請求書その2へ)
[PR]
by fortcollins | 2010-01-03 21:34 | 豆知識
町はThanksgiving Dayが終わると一気にChristmasの装いになります。

Old Townもやさしいイルミネーションがされており心温まります。

Aggie Villageの近くにある、小さな植物園”The Gardens on Spring Creek"もイルミネーションが始まりました。
ここは毎日17:00-21:00まで少し派手にイルミネーションをしています。
また今月11.12.18.19の18:00-20:00にサンタさんがやってくるようです !!
入園料は無料で大人も嬉しいし、こどもも喜びますね♪

また友人によると、City Park近くのお家は結構本格的にイルミネーションをされているようです。

夜間、ちょっとドライブしながらイルミネーションを堪能するのも乙ですね。
本場のChristmasを楽しみたいと思います^^
[PR]
by fortcollins | 2009-12-02 11:28 | 豆知識
フォートコリンズの情報サイトです。
カレンダーで様々なイベント情報が見やすくなっています。

http://www.fcgov.com/index.php
[PR]
by Fortcollins | 2009-11-20 20:43 | 豆知識
English classの先生にコロラドお勧めのお土産を聞きました。

先生のお勧めは以下の通りでした。

・インディアングッズ
・バッファロー、エルクのビーフジャーキー
・スキーグッズ(バッチなど)
・カウボーイグッズ
・Grand Junctionは果物が有名とのこと。なのでワインもいいんじゃないかとのこと。
・ビール

あと以下のサイトもよさ気な感じでした。
http://www.coloradogiftcompany.com/

http://www.giftsfromcolorado.com/

http://www.madeincolorado.net/
[PR]
by fortcollins | 2009-09-21 16:43 | 豆知識

AAA

日本にはJAFというロードサービスの会社がありますが、
アメリカにはAAAがあります。(両者は提携しているようです)

年会費は70ドル~と安くはないのですが、車が故障したときのロードサービスの他、
ホテルの割引や無料の地図などのサービスがあります。

フォートコリンズにもAAAのオフィスがありますが、
そこではコロラドの地図を始め、アメリカ各地の地図、ガイドブックが無料でもらえます。
ホテルも5~20%割引になるので、これらを利用すれば年会費を払ってもお得だと思います。

ちなみに私は、車を買ったその日にキー閉じ込みをしてAAAのお世話になりましたが・・・
[PR]
by fortcollins | 2009-08-22 12:22 | 豆知識
こんな時webichiを活用するのがおすすめ!!
少し割高ですが日本で当たり前にある物
アメリカではなかなか手に入らない物が購入できます。
http://www.webichi.com/ja/
日本語でも見れるので楽ですね♪

例えば、日本では当たり前のように”熱さましシート”がありますが
アメリカに来て現時点まで見たことがありません。
またベビーフードもそれなりに種類はありますが
ラザニア、スパゲティー、チキンスープなどこってりとしたのが多いのが印象的です。
なのでそんなちょとした時に活用したいですね。
[PR]
by fortcollins | 2009-07-11 12:05 | 豆知識
先週のことですが、ようやく出発前にこちらに送っていた荷物がすべて届きました。

海外引っ越しサービスではなく、ふつうの郵便局から送った場合にかかった期間は・・・

船便:1.5~2か月
SAL便:2~3週間
でした。
あと、航空便は約1週間、一番早かったのはEMSで3日で届きました。

税関で中身を開けられることもあるようですが、特にこれまで送った荷物が
開けられた形跡はありませんでした。

アメリカに荷物を送るときに注意が必要なのは、箱の大きさが一番長い辺とそれ以外の周囲の
合計が200cm以内に制限されていること。
つまり立方体の箱なら40cmの箱がMaxです。
このルールを知らなかったので大きな箱に詰めていって郵便局から引き返しました・・・・

EMSは受け取りのサインが要りますが、それ以外は不在の時はドアの前にボンと置いてあります。
[PR]
by fortcollins | 2009-06-10 09:51 | 豆知識
スーパーには、その店のデザインのエコバックが売っています。

うちはSunflower market のエコバックを買いました。
このバックを持っていくと10セント値引きしてくれます。

今日Whole food market に行って、そのエコバックを使うと、
ここでも10セント値引きしてくれました。

別の店のものでも良いようです。
この辺はアバウトですね・・・
[PR]
by fortcollins | 2009-06-04 12:05 | 豆知識
アメリカのATMで入金するときはどうすればいいのでしょうか。
日本のATMと違ってアメリカのATMは現金を投入してその場で数えてくれる機能はありません。
なので、備え付けの封筒に現金を入れて表に口座番号を入れてDepositと書いてあるとことに
投入します。
それを後で銀行員が回収し、入金するようです。
封筒に入れた金額と封筒に書いた金額が異なった場合どうするのか気になりますが、
アメリカでは小切手が主流なのであまり問題にならないのでしょう。

ところで、日本のATMと同じように誤ってDepositとあるところに現金を投入してしまったら
どうなるのでしょうか。
私はついつい現金(?百ドル)をDepositにそのまま入れてしまいました。
というのはATMの操作にDepositという欄があり、それを押したので現金を投入できるのだろう
と勘違いしてしまいました。おそらくSaving口座からChecking口座へのDepositのようです・・
現金を入れた後、何も起こらないので、ハッと「封筒に入れて・・・」を思いだしましたが
あとのカーニバル。

急いで窓口へ行って、現金を入れてしまった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
というと、自分たちはATMを開けられないから、後で連絡する、ということになりました。
次の日も連絡がなかったのでもう一度銀行へ行って聞いてみると、ATMの差額を確認して
明日中には口座に入金する、とのこと。
今日ATMで確認するとちゃんと入金されていました。やれやれです。

アメリカ人も封筒に現金を入れて、というのには抵抗があるようで、窓口で入金する、
と言っていました。
[PR]
by fortcollins | 2009-05-16 12:21 | 豆知識