お金のこと

日本から給料をもらっている場合、為替レートや手数料が気になります。

アメリカでは支払いの方法としては、クレジットカード、デビットカード、小切手があります。

日本の銀行口座から引き落とす場合、クレジットカードを使うのが一番便利で
レートも良いのですが、
こちらに来てクレジットカードが使えないトラブルが何度もありました。
一度目はオンラインでパソコンを購入しようとしたとき。
二度目はBestBuyでパソコンを購入しようとしたとき。
三度目はwalmartで日用品を購入しようとしたとき、です。

すべてクレジット会社のセキュリティーに引っかかり、止められたのでした。
一度目は別の理由で購入をやめ、他はもう一枚のクレジットカードを使って購入しました。
カード会社によってセキュリティーの差があるようです。
二枚目のカードを持っていないと買い物ができなかったので、良かったですが、
メインのカードでマイルも貯めてるのでちょっとイライラしていました。

他の大きな支払いとしては、家賃があります。
ここは現金かデビット、小切手しか受け付けないとのことで、一度目の家賃は
ATMでクレジットカードのキャッシングを用い、現金で支払いました。
これは安全でないのと、キャッシングの金利もつくので(現金を両替するより有利ですが)
避けたいところ。

そこで、銀行口座を開設しデビットカードで支払うことにしました。
銀行口座への送金は日本にいる親に頼みましたが、金額も大きいのでその日の為替
で大きな差が出ます。
一日前なら1万円程度損していましたし、五日後なら3万円以上得していたと思います。
為替レートとしては、手数料を含めてクレジットとほとんど同じくらいでしょうか。

二回目の家賃からはデビットカードで支払い、これなら安全です。

さらに車の購入の時には生まれて初めて小切手を使いました。

小切手帳に、相手の名前と金額を書き、サインして終わり。
単純な方法ですが、書いた名前の人しか換金できないので、かなり安全な支払い方法です。
不渡りになってしまうとかなりのお金を取られますので、気をつけないといけないですが、
ある程度のまとまった金額の支払いには便利ですね。

そんなこんなで生活しています。

今は円高なので日本から給料をもらっている人にはありがたいです。
[PR]
by fortcollins | 2009-04-30 11:03 | 豆知識